네비게이션 바로가기 본문 바로가기 푸터 바로가기
Right now!
小さくてシャープな顔

顔面脂肪整形術

Triple顔面脂肪整形

  • 01 脂肪組織のみ破壊

    脂肪組織のみを選択し破壊するVASER方式の超音波カニューレを用いて、神経と血管には影響を与えずに、脂肪組織のみを破壊した後、破壊された脂肪と油だけを細い管を用いて吸引します。

  • 02 でこぼこしていない滑らかな顔のライン

    脂肪を丹念にまんべんなく溶かした後、吸引するので、一般的に心配される皮膚組織がでこぼこになる副作用が生じる可能性が少なくなります。

  • 03 迅速な回復

    腫れやあざを作る血管損傷が少ないため、回復が早いです。

  • 04 微細切開で傷の心配NO!

    目立たない耳のしわやあごの下のしわに微細な穴を介して施術をするので、傷跡がほとんど見えません。

01

バッカルファット除去

“簡単な施術で小さくシャープにそして老化の原因を予防”

深部ボール、脂肪は皮下脂肪よりも深いところに存在する脂肪のポケットです。
顔を丸く見えるようにする主な理由であり、簡単な手術でスリムで細長い間に改善

バッカルファット(頬の脂肪)とは?

バッカルファット皮下脂肪よりも深いところに存在する脂肪の袋です。
18歳くらいまで頬の高い位置にありますが、老化が進むにつれ、たるみが進んでいきながら意地悪顔の原因となって、頬のたるみやほうれい線の元となります。
また、若い時は顔を丸く見せる主な理由にもなっています。
バッカルファット除去で若く見せつつ、小さくシャープな顔を作る効果を同時に得ることができます。
また、バッカルファットを若いうちに除去することで頬のたるみの原因を予防する効果も得ることができます。

  • 심부볼(볼지방)
    若いころ
  • 심부볼(볼지방)
    中年
老化の進行と共にバッカルファットも垂れてきます。

顔の輪郭を決定するものは、骨だけの問題ではないので、
骨を削る苦痛に耐えることなく、効果的に欠点を改善することができます。
効果的かつ簡単なバッカルファット除去、顔の脂肪除去などを介して自然で滑らかな
顔の輪郭線をつくることができます。

step1
Step01
step2
Step02
step3
Step03
step4
Step04

約1〜2cmほどの口の中を切開し、脂肪の袋にアプローチし脂肪を除去します。
過度に除去すると、むしろ頬がこけて見えることがあり、適量を除去することが重要です。

02

頬の脂肪除去(VASER)

“柔らかく滑らかに”

頬に肉が多く、輪郭などの顔の骨の手術後にたるんだ頬の肌で
皮膚の弾力性が低下しラインが生かされずたるんで見える場合に行います。柔らかく滑らかな顔型に改善。

step1
Step01

耳たぶ下のしわに合わせて小さく切開します。

step2
Step02

脂肪を除去する部位に麻酔と止血のためにチューメセント溶液を注入します。

step3
Step03

超音波棒を挿入し脂肪組織のみを選択し破壊します。.

step4
Step04

破壊された脂肪組織と油をチューブを挿入して軽く吸引して出した後、切開部を塞ぎ圧迫バンドを着用します。

03

二重顎脂肪除去(VASER)

“スリムで弾力のある顔”

顎下の肉が垂れた二重顎の脂肪を細かく分解して精巧に吸引、
スリムでハリ感あふれる洗練されたあごのラインに改善。

step1
Step01

顎下の線に合わせ微細に切開します。

step2
Step02

脂肪を除去する部位に麻酔と止血のためのチューメセント溶液を注入します。

step3
Step03

超音波棒を挿入して脂肪組織のみを選択し破壊します。

step4
Step04

破壊された脂肪組織と油をチューブを挿入して軽く吸引して出した後、切開部を塞ぎ圧迫バンドを着用します。

  • 麻酔の種類

    静脈麻酔

  • 手術時間

    40分~1時間

  • 入院の有無

    なし

  • 圧迫バンド

    1~2週間着用
    (外出時X)

01

Since 1998年 顔の骨専門病院として開院し、
技術力とノウハウが伝授された顔の骨手術の名門(名家)

Since 1998年
02

医療事故ゼロ 顔の骨の整形は、大きな手術であるだけに
安全が最も重要です。

의료사고 Zero
03

手術に対する自信は原則と基本 手術結果に対する満足度の高さ

수술에 대한 자신감은 원칙과 기본
04

様々な臨床ケースと先進的な機器 - 設備 開院以来、蓄積された膨大な顔の骨の手術に関連する臨床経験と
技術力、先進的な設備と設備の導入

다양한 임상케이스와 선진 장비- 설비
다양한 임상케이스와 선진 장비- 설비
다양한 임상케이스와 선진 장비- 설비
05

術後の回復を助ける
JK Recovery System
日常への復帰を早め、腫れをとり、
皮膚再生と弾力回復のためのステップバイステップの回復プログラム
Recovery専門チームによる様々な回復プロジェクト

TEAM JK

別次元の技術力と経験

大学病院の体系的整形外科専門医修練、
10年以上の輪郭整形手術の経歴を持つ整形外科専門医と麻酔科学専門医

麻酔科専門医
イ・ジュンソプ 院長
イ・ジュンソプ 院長
キム・ヨンジェ 院長
キム・ヨンジェ 院長
ホ・ソク 院長
ホ・ソク 院長

Q&A

환자분들의 셀카
JKで実際に輪郭/ルフォー手術を行った方のお写真です。
환자분들의 셀카
  • 高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺治療中または服用している薬がある場合は担当のコーディネーターや通訳に必ず伝えてください。

  • タバコの成分には、痰やくしゃみを誘発し、手術後の出血を引き起こす可能性がある物質が含まれているので、手術前に禁煙を行ってください。

  • 수술 전 금식시간을 꼭 지켜주세요.

  • 手術当日はコンタクトレンズや貴金属、マニキュアなどが手術の妨げになることがありますので、あらかじめ外しておいてください 。

  • 手術部位を刺激していない楽な服装で来院してください。

  • 手術後の運転はお控えください。

  • 硬い食べ物は一ヶ月程度避けることをお勧めします。

  • 口の中を切開した場合、炎症や感染を防ぐためにうがいを行い口の中を清潔にしてください。

手術後、出血、感染、炎症などの合併症が起きることがあります。主観的な満足度は個人により差があるので、担当医とよくご相談ください。