네비게이션 바로가기 본문 바로가기 푸터 바로가기

シンプル simple

目だからシンプルに

#seemyeyes

変わったような変わってないような、最もシンプルに

ABOUT #JKの二重

JK Teiple二重術 #変わったような変わってないような #最もシンプルに
  • 01 埋没法 たった一本の糸で、一度に改善する結び目 - 強く、シンプルに

    埋没法は、皮膚を切開せずにまぶたに結び目を作って自然癒着で二重のラインを作る手術方法です。

    顔のイメージと比率を考慮して、必要な二重まぶたのラインの高さに応じ、小さな穴を作るため、傷跡がほとんど見えず、回復期間が短くなります。また、自然で鮮やかな二重まぶたのラインを作ることができます。

    埋没法二重まぶたの手術は、二重用テープや、アイプチ、または老化により瞼が垂れた方、
    目の脂肪が少なく薄いまぶたの方に適した目の手術方法です。

手術方法
Step01

手術前

Step02

小さく切開

Step03

1点止め連続埋没法

Step04

1本の糸でのみ手術

Step05

縫合の必要なし

Step06

手術後

  • 麻酔の種類

    短期静脈麻酔後
    部分麻酔

  • 抜糸

    なし

  • 手術時間

    30~40分

  • 入院の有無

    なし

  • 02 部分切開法 切開と非切開の利点 - ハイブリッド手術法で、自然で、速く

    切開法と埋没法の中間形態としてまぶたに脂肪が多い方の場合、皮膚が垂れぎみの場合には、二重まぶたの手術後の傷跡が心配だという方に、適切な手術方法です。

    部分切開二重手術は、ご希望の二重のラインで約3〜4mm程度の小さな切開を2〜3個程度作成した後、
    上眼瞼挙筋と皮膚の真皮層をつなげる方法で、手術時間、傷、効果と回復期間の両方が切開法と埋没法の中間といえます。

手術方法
Step01

手術前

Step02

切開線

Step03

脂肪除去

Step04

上眼瞼筋と真皮を縫合

Step05

縫合

Step06

手術後

  • 麻酔の種類

    短期静脈麻酔後
    部分麻酔

  • 抜糸

    術後4日後

  • 手術時間

    40分~1時間

  • 入院の有無

    なし

  • 03 切開法 より鮮明で鮮やかに、そして私に合うように

    上まぶたの肌のたるみ、脂肪の分厚さ、眼瞼下垂があるか、両方の目の左右非対称目立つ場合、あるいは戻ることのない鮮明な二重のラインを希望する方に適した方法です。

    希望の二重まぶたのラインに合わせて切開し、必要に応じて、脂肪、筋肉、皮下組織、および外部の皮膚を除去、上眼瞼筋を直接肌の真皮層に接続して、自然ながら鮮明でクリアな二重まぶたのラインを作ってくれます。

手術方法
Step01

手術前

Step02

切開線

Step03

脂肪除去

Step04

上眼瞼筋と真皮縫合

Step05

縫合

Step06

手術後

  • 麻酔の種類

    短期静脈麻酔後
    部分麻酔

  • 抜糸

    術後4~5日後

  • 手術時間

    40~1時間

  • 入院の有無

    なし

01

10年以上の経験を持つ 目の整形の専門スペシャリスト

02

結果で魅せるJK 目整形の紹介比率

03

結果で魅せるJK 手術結果の満足度の高さ

目整形を受けた方のインタビュー

TEAM JK

別次元の技術力と経験

大学病院の美容外科専門医過程修了
長い間積み重ねてきたノウハウを持つ、美容外科専門医と麻酔科専門医

麻酔科専門医
イ・ジュンソン 院長
イ・ジュンソン 院長
キム・ヨンジェ 院長
キム・ヨンジェ 院長
ホ・ソク 院長
ホ・ソク 院長

Q&A

환자분들의 셀카
JK美容外科で実際に目の手術を受けた方の
お写真です。
환자분들의 셀카
  • 高血圧、心臓病、糖尿、甲状腺治療中や、服用中の薬がある場合、担当者及び通訳へ必ずお伝えください。

  • タバコの成分の中に痰や咳を誘発し、手術後に出血を起こす物質が含まれるので、手術前には禁煙をお願いしております。

  • 手術前の断食時間は必ずお守りください。

  • 手術当日はコンタクトレンズやピアスなどのアクセサリー、マニキュアなどが手術の妨げになることがありますので、手術前日までに除去をお願いいたします。

  • 手術部位を刺激しない楽な服装でお越しください。

  • 手術後の運転はお控えください。

手術後の出血、感染、炎症などの合併症があることがあり、主観的満足度は個人ごとに違うため、医師との念密なカウンセリングをお勧めいたします。