네비게이션 바로가기 본문 바로가기 푸터 바로가기
美しく健康な胸のために
聡明な選択

JKの豊胸手術

触感&科学

シリコンシュミレーションで‘あなたにぴったりの美しさ’

理想的な触感のために

  • ナノタイプ
    (Nano Surface)
    • 生態的合成を高めるためのナノ表面
  • スムースタイプ
    • 術後マッサージが必要
    • カプセル拘縮が起きる確立が低い

理想的な形と触感のための選択

  • ラウンド
    • 全体的に豊満な胸をご希望の場合、
    • 痩せ型で、胸の小さい方のためのボリュームアップ
  • しずく型
    • 1段階さらにボリュームアップ
    • 活動にあわせた自然な動き

ご自身の体型と理想に合った
適切な 人工乳腺バッグを選ぶことが大切です。

  • 円形人工乳腺バッグ
    胸上部、胸下部、全体的に豊満な胸をご希望の場合に最適
    胸上部、胸下部、全体的に豊満な胸をご希望の場合に最適
    • 胸の高さが適切な方
    • 胸上部のボリュームがない方
    • 胸郭の大きさが適切な方
    • 胸の垂れていない方
  • しずく型人工乳腺バッグ
    胸上部は流れるように自然に、胸下部は豊満な胸をお望みの場合
    胸上部は流れるように自然に、胸下部は豊満な胸をお望みの場合
    • 胸の位置が高めの方
    • 胸が平らな方
    • 胸郭サイズが小さい方
    • 胸が垂れている方
※ インプラントごとに長所があるため、本人の体型に最適なインプラントを選択されることをお勧めします

最高の組み合わせ

  • 1:1で安心&
    オーダーメイドの人工乳腺バッグ

    一人一人の体にぴったりの理想の人工乳腺を選択

    FDAは、CEなど正式に認可を受けた安心の人工乳腺バッグ

  • Team JK
    胸手術の専門チーム

    胸の手術だけ担当する10年以上のキャリアの専門医療スタッフと手術専門チームの運営で、熟練したノウハウと手術方法

  • One day
    One Stop care

    手術後当日帰宅

    技術とノウハウで結果に差を

  • すぐに
    日常生活に戻れる

    胸の手術後すぐに日常生活に戻り、後遺症最少化を目的とした‘JKリカバリープログラム’

しずく型の豊胸手術の手順

切開部位に応じた手術方法

  • 01 脇のしわ部分切開法

    脇の最も深い部分のしわの部位切開 脇の最も深い部分のしわの部位切開
    メリット

    乳腺組織に触れないので、授乳に全く支障が出ない

    手術跡が脇のしわと重なり、時間がたつと術後の傷跡がほとんど目立たない

    デメリット

    手術直後の腕を動かすことが困難

  • 02乳輪切開法

    乳輪の境界線部位に沿って切開 乳輪の境界線部位に沿って切開
    メリット

    部位の特性上、手術初期から傷跡が目立たず、腕、肩などの動きも比較的自由。

    切開部位が手術部位に近く、胸が多少垂れている場合の手術や、再手術に有効な部位であり、正確な手術結果を期待することができる

    デメリット

    乳輪の大きさが2.5CMよりも小さい場合には、手術の傷跡が目立つことがある

  • 03胸の下のライン切開法

    胸の下のしわに隠れる部位切開 胸の下のしわに隠れる部位切開
    メリット

    最も早く手術することができる方法として、切開部位が手術部位と近く、胸が垂れている場合や、再手術時に有効

    デメリット

    横になったり、手術前の胸の組織量が少ない場合、切開部位の特性上傷が目立つことがある

人工乳腺の位置に応じた手術方法

  • 二重人工乳腺挿入

    二重人工乳腺挿入

    人工乳腺バッグの上部は胸の筋肉(大胸筋)の下、下部は乳腺組織の下に位置するように挿入する方法で 人工乳腺が二つの「面」にわたり位置するため、「二重平面」という言葉が使用されます。

    特に胸の組織が少ない場合、人工乳腺バッグの上部の境目を胸筋下に隠し、手術後バッグの輪郭が不自然に突出して見えることを防止、下は筋肉の上に挿入し、皮膚と軟部組織が十分に増えるようにし、より自然な胸のラインを作成します。

    胸の組織にボリュームのない方が多い、韓国の女性に最も多く使われる方法です。

  • 乳腺組織の下に挿入

    乳腺組織と胸の筋肉の間に人工乳腺バッグを挿入する方法で、胸の組織にボリュームがある方、胸の筋肉が発達した方に主に使用されます。

    手術後の胸の流動性が比較的良く、より自然な胸の谷間を作ることができるという点に加え、バッグの形状が胸の筋肉の動きに影響を受けにくいという利点があります。

    しかし、痩せ型の方や胸の組織にボリュームのない方の場合は、手術後に人工乳腺バッグの輪郭が浮き出て、手術した痕跡が出るという欠点があり、若い女性の方にはお勧めできないケースが多いです。

  • 筋膜下への挿入

    筋膜下への挿入

    胸の筋肉を囲んでいる筋膜下に人工乳腺バッグを挿入する方法で、二重平行挿入と、乳腺組織下挿入の長所と短所の両方を少しずつ持っている中間的な方法です。

    この方法も、痩せ型の方に適用するのは難しく、ある程度乳房組織があり方で、少し下垂が進んでいる場合、最も効果的な方法です。

  • 手術時間

    1時間30分所要

  • 麻酔の種類

    全身麻酔

  • 抜糸

    なし(人体用ボンド)

  • 入院の有無

    午前中に手術時、当日帰宅
    午後の手術時、1日入院

JKの安心胸人工乳腺バッグ

FDA、CE、ISOなど国際的に安全性が立証されたブランドの多様なサイズのインプラント

胸の人口乳腺の選択!専門医とのカウンセリングを通しご決定ください。

※ 胸の手術後の副作用を最小限にするためには、定期的な検査と管理が必要です。

TEAM JK

別次元の技術力と経験

大学病院の整形外科専門医修了
10年以上のボディー整形手術の経験を持つ、美容整形専門医と麻酔医科専門医

美容整形外科専門医
麻酔医学科専門医

JK ONE STOP CARE

  • 手術前検査

    手術前の検査は、安全な手術のために必ず必要です。安全に麻酔を行うための胸部X-RAY検査と心電図検査、血液検査などが行われ、検査の結果をもとに、肝機能、心臓機能、腎臓機能、肺疾患、貧血などの疾患の有無を確認します。これらの手術前の検査で手術と全身麻酔を耐えられる健康状態であるかを判断し、体調や健康診断の結果も確認することができます。

  • 乳がん検診と
    異常の有無確認

    手術を控えてまだ乳がん検診の経験がない方は、手術前に検診をし、胸の異常の有無を事前に確認することが必要です。
    多少面倒なプロセスでありますが、安全を最優先に考えるJK美容外科では、簡単に見過ごせないプロセスでもあります。ご希望の場合近くの提携病院を通じて最大限スケジュールに合わせて検査を進めます。

  • 最小限の剥離
    -安心の人工乳腺バッグ
    -豊胸手術の専門チーム

    豊胸手術専門チームによる手術に入る前に、同意書を作成し、手術後の注意事項について十分な説明を受けた後、再び担当医との最終的なカウンセリングを通じて手術の方向性を説明した後、手術を行います。胸の手術を担当する10年以上のキャリアを持つ美容整形外科専門医の執刀の下、手術が行われ、専門麻酔チームが手術の全過程をリアルタイムでモニタリングします。

  • 手術後の回復
    -入院

    手術後はどなたも体のコンディションが安定するまで回復室で集中管理を受けることになります。
    また、手術後、必要に応じて入院することもあります。麻酔科の医師と看護師、医療スタッフが監視し、術後の十分な回復のためのJKの安全システムがフル稼働します。

  • 退院後の管理

    退院後、術後の腫れの引きと迅速な回復のためにJKは手術に合わせた"リカバリー"プログラムを運営し、術後の回復のためのきめ細かな管理を行っています。

Q&A

  • 高血圧、心臓病、糖尿、甲状腺治療中や、服用中の薬がある場合、担当者及び通訳へ必ずお伝えください。

  • タバコの成分の中に痰や咳を誘発し、手術後に出血を起こす物質が含まれるので、手術前には禁煙をお願いしております。

  • 手術前の断食時間は必ずお守りください。

  • 手術当日はコンタクトレンズやピアスなどのアクセサリー、マニキュアなどが手術の妨げになることがありますので、手術前日までに除去をお願いいたします。

  • 手術部位を刺激しない楽な服装でお越しください。

  • 手術後の運転はお控えください。

手術後の出血、感染、炎症などの合併症があることがあり、主観的満足度は個人ごとに違うため、医師との念密なカウンセリングをお勧めいたします。